AGAコラム

亜鉛が育毛に逆効果になる4つの理由!亜鉛と薄毛改善の秘密

投稿日:

亜鉛というのはミネラル(鉱物成分)の一種です。人には必須ミネラルと言われる物質が13種類(亜鉛、カルシウム、銅、セレン、鉄など)ありますが、いずれも大切な栄養素です。

こころ
亜鉛と育毛の話・・・よく耳にしますよね?

 

今回は特に脱毛に悩む人にとって亜鉛が育毛に有益な成分であると同時に、取りすぎるとかえって脱毛を促進させてしまう理由などについて説明していきたいと思います。

亜鉛と育毛効果を解説

亜鉛(元素記号:Zn)は人が生きていく上で欠かせない必須ミネラルの一種です。

ミネラルとは鉱物成分のことで、人が生きていく上で欠かせないミネラルのことを「必須ミネラル」といいます。
ミネラル自体人体内では合成できない物質なので食事やサプリメントから補給しなければならない栄養素です。

 

近年脱毛症が注目を集める中、「亜鉛」の重要性がメディア等で特集されるのをよく見かけます。亜鉛は髪の毛の主成分となる「ケラチン」のベースとなる「シスチン」というアミノ酸の合成を助けます

 

亜鉛が不足するとシスチン不足から髪の毛が弱くなってしまうことになります。しかも、日本人の食生活では亜鉛不足になりやすいので、結果として脱毛症リスクが上昇してしまいます。

亜鉛不足で起こる症状とその理由

それでは亜鉛が不足すると具体的にどのような症状が起こりやすくなるのかを一覧にしておきましたので参考にしてください。

 

  • 脱毛
  • やる気の低下
  • 集中力の低下
  • 味覚障害
  • 記憶力の低下
  • 免疫力の低下
  • 爪や皮膚がもろくなる
  • 成長障害
  • ED(勃起障害)など

亜鉛が私たちにとってとても重要なミネラルであるということがわかりますね。

亜鉛が豊富に含まれているのは牡蠣ですが、毎日牡蠣を食べ続けるというのも困難な話です。

ホセ
牡蠣は、季節もんだしなぁ・・・。

 

また、亜鉛は牡蠣以外にもいろいろな食品に含まれているのですが、日本人の一般的な献立から摂取できる亜鉛の量は平均すると1日あたり9mg程度、若い女性はさらに低く、1日あたり6.5mg程度と報告されています。

厚生労働省では成人に対し1日10mgの平均摂取するように推奨しているので、男女共亜鉛不足の傾向にあることがわかります。

 

2 亜鉛の推定平均必要量等の設定
「日本人の食事摂取基準(2015 年版)策定検討会」報告書によれば、亜 鉛の推定平均必要量、推奨量及び目安量については、表 1 のとおりとされ ている。

(引用元:厚生労働省資料1-3「食品健康影響評価の結果の通知について」)

亜鉛と薄毛の関係

冒頭の方でも亜鉛が不足すると「シスチン」というアミノ酸の合成量が減り髪の毛が弱くなってしまうとお伝えしましたが、もう少し亜鉛不足と薄毛の関係性について詳しく説明しましょう。

髪の毛の90%を占めるのが「ケラチン」というアミノ酸です。このケラチンはシスチンを原料にして合成されるタンパク質なので、「亜鉛不足」→「シスチン不足」→「ケラチン不足」→「薄毛」になるという流れがまず1点です。

 

そしてもう1点、亜鉛と薄毛の間には重要な因果関係があります。それは亜鉛がAGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性型脱毛症)という脱毛症を引き起こす「5α-リダクターゼ」という酵素の働きを邪魔する作用があるという点です。

5αリダクターゼは髪の毛を丈夫にする男性ホルモンの「テストステロン」を「ジヒデロテストステロン」という別の物質に変異させる酵素です。ジヒデロテストステロンは主に男性の生殖活動のために消費されるホルモンです。

 

亜鉛が不足するとこの酵素の働きが活発になり、頭皮付近のテストステロンがジヒデロテストステロンに変えられてしまうことで、髪の毛が弱くなり毛周期が狂って「脱毛」を起こすことになります。

亜鉛の過剰摂取の副作用

ただし、亜鉛はいたずらに「量さえ摂りさえすればいい」というものではありません。亜鉛の過剰摂取によって逆に健康被害を起こすことも明らかにされています。

臨床的なテストでは亜鉛を経口摂取で1日50mgずつ1週間以上取り続けると

 

≪亜鉛の過剰摂取にて考えられる症状≫

  • 悪心(気分が悪くなる)
  • 嘔吐
  • 不定愁訴(いらいらする、怒りっぽくなる)
  • 不安感が強くなる

このようなことが、報告されています。

 

さらに、亜鉛は必須ミネラルの1つである「銅(Cu)」の吸収を妨げたり、排泄を促すなどの相互作用が確認されています。

ホセ
なんだか、身体の中のミネラルって複雑なんだなぁ。

 

銅は鉄から赤血球を合成するのを助ける重要なミネラルです。亜鉛の過剰摂取によって銅の吸収が邪魔されてしまうと、

 

≪銅の吸収が邪魔された時におこる症状≫

  • 貧血
  • 起立性低血圧
  • 浮腫(むくみ)
  • 赤血球不足からくる栄養不足(赤血球には酸素と栄養素を運ぶ役割があります)

などの健康被害を起こします。

 

このような、身体の中に起きている細かい反応を知ることで亜鉛は不足しても摂りすぎても健康に良くない成分である事がわかります。

 

亜鉛が育毛に逆効果になる4つの理由

亜鉛が不足すると起こる健康被害には「ED(勃起障害)」や「意欲・集中力の低下」があるということは前のパートで述べた通りです。

このような「精神症状」は男性ホルモンの不足からくることがわかっています。このことからも、亜鉛には男性ホルモンを増やす作用があることがわかります。

 

男性向けの亜鉛サプリは主に精力を増すために開発されていて、興奮を促す成分(カフェインや亜鉛以外のミネラル成分)が含まれています。中には亜鉛の吸収を妨げたり、代謝を促す「飲み合わせの悪い成分」もあるので亜鉛サプリを過信するのは要注意です。

さらに、亜鉛の過剰摂取で銅の代謝が進んでしまうと、体内の鉄(Fe)のバランスが崩れてヘム鉄という赤血球を作る成分が不足することになります。

 

赤血球不足は血流障害を起こしやすくなり、頭皮付近では脱毛が起こりやすくなります。

亜鉛摂取で男性ホルモンが増える

男性の場合、亜鉛は「前立腺」と呼ばれる器官や「男性器」に多く含まれています。

男性ホルモンは主に精巣でつくられるホルモンで、自律神経の調整や免疫力を向上させるなど非常に重要な役割を担う物質です。

 

亜鉛は精巣で男性ホルモン(テストステロン)が作られる際に消費されることがわかっています。これは、男性が亜鉛を摂取すると、まず優先的に男性ホルモンを作るために消費されていくということの証明です。

女性は男性ほど男性ホルモンの合成量が多くありませんが、副腎皮質から微量なテストステロンが放出されています。

 

亜鉛が不足すると血流障害から副腎皮質由来の男性ホルモンが不足しがちになってしまうので、女性にも必須のミネラルなのです。

亜鉛サプリの含有成分が抜け毛を増やす

ダイエットサプリや男性向けサプリなどで亜鉛が含まれているものには「セレン」や「クロム」が同時に配合されているタイプが見受けられます。

「セレン」や「クロム」も亜鉛同様に重要なミネラルなのですが過剰摂取すると「脱毛」や「筋肉の痙攣」、「下痢」、「関節痛」などが起こるという結果が2008年のアメリカの政府機関から報告されています。

 

そして、亜鉛自体吸収されにくいミネラル成分で、それを補うために過剰な亜鉛を配合しているサプリメントをよく見かけます(特に男性向けの精力増強サプリ)。

亜鉛の過剰摂取は胃腸や腎臓への負担が大きく、その他の栄養素の吸収力が弱まってしまい、脱毛に良いと言われている亜鉛サプリメントを飲んでいるのに、一向に脱毛が改善されない、あるいは逆に脱毛が進んでしまったというレビューが多数見受けられます。

 

実際にネットで「亜鉛 薄毛 逆効果」というキーワードで検索すると、

亜鉛を飲み始めて余計に抜け毛が増えたのですが、関係ありますか?

(引用元:Yahoo!知恵袋「亜鉛を飲み始めて余計に抜け毛が増えたので…」)

「亜鉛の過剰摂取」と「セレンやクロムが含まれているサプリ」が逆効果になり得る要因と分かりました。

(引用元:女性用育毛剤ランキング「亜鉛サプリ逆効果についてわかったこと」)

というレビューを見かけます。

亜鉛の過剰摂取で鉄不足になる

前述したとおり、亜鉛(Zn)と銅(Cu)はどちらも人の体にとって重要なミネラル成分なのですが、相性の悪い成分です。

 

銅は酸素と結合しやすい性質を持つ物質で、骨髄の中に多く存在しています。赤血球が骨髄の中で作られるということはすでにご存知の方も多いと思いますが、骨髄の中では銅が鉄(Fe)からヘム鉄を作り出し、そこから赤血球が作られています

このため銅が不足すると骨髄の中でヘム鉄が作られなくなり、多くの鉄分はそのまま代謝されていきます。こうして「鉄分不足」から貧血状態を招いてしまうのです。

 

貧血状態になると酸素と栄養素の運搬がうまくいかなくなります。酸素や栄養素が足りなくなると脳は「生命維持のための臓器」に優先的にこれらを供給させようとします。

そしてやがて頭皮付近では、毛根を丈夫に育てる毛母細胞への酸素と栄養素の供給量が不足しがちになり、脱毛が起こりやすくなります

脱毛症治療成分の「ミノキシジル」は頭皮付近の血行を促進することで、高い脱毛症治療効果をあげることが確認されています。

亜鉛の吸収を阻害する要素

亜鉛サプリには脳の覚醒を促すための「カフェイン」、抗酸化作用の高い「タンニン」などが含まれていることが多いのですが、この2つの栄養素は亜鉛の代謝を促進させてしまう作用があります。

カフェインやタンニンは日本人が大好きな嗜好品のコーヒーや緑茶、抹茶に多く含まれている成分です。亜鉛サプリメントは食品なので、1日の摂取目安量以内で飲んでいる分には特に飲み方などの制限が設けられているわけではありません。

 

食後にコーヒーや緑茶と一緒に亜鉛サプリメントを飲むと、カフェインやタンニンに吸収されてそのまま排泄されていってしまいます。

亜鉛のサプリメントは、必ず水で飲むように心がけましょう!

 

亜鉛で育毛効果を上げる摂取量と摂取方法

ここまでは亜鉛と脱毛についてネガティブな情報をお伝えしてきましたが、亜鉛を毎日適切に摂取していると血流が増し、免疫力が向上し、テストステロンの量が増えるので育毛効果を促進させることになります。

 

そこでここからは、「亜鉛を効果的に摂取して育毛効果を促進させるようにするためのポイント」について説明していきたいと思います。

 

≪覚えておきたいポイント!≫

  1. 亜鉛サプリを過信しない
  2. 食生活を改善する(亜鉛を多く含む食材や吸収を助ける食材を積極的に食べる)
  3. 亜鉛サプリは1日の摂取目安量以下の服用を心がける
  4. コーヒーや紅茶、緑茶を飲みすぎないようにする

 

これらが、重要なポイントになります。

亜鉛が多く含まれている食材

亜鉛を多く含む食材といえば何といっても牡蠣が代表格ですが、その他にもいろいろな食材に含まれているので、亜鉛を多く含む食材を紹介していきましょう。

 

  • 牡蠣
  • 豚レバー
  • 貝類
  • 牛肉(赤身)
  • はい芽米
  • うなぎ
  • 高野豆腐
  • 納豆

 

おなじみの食材が多いので、バランス良く食べると亜鉛不足を解消することができます。

特に貝類や肉の赤身部分に多く含まれているので、ヘルシーな食材をメインとしたメニューを心がけると良いでしょう。

1日に必要な亜鉛の摂取量と飲むタイミング

厚生労働省では成人の男女ともに1日10mg程度の亜鉛の摂取を推奨しています。

ただし、男女間では耐用上限量が変わってきます。(耐用上限量とはこれ以上服用すると、過剰摂取になるという目安です)

  1. 成人男性の耐用上限量:40mg〜45mg
  2. 成人女性の耐用上限量:35mg

*…亜鉛は吸収率の悪いミネラルなのでサプリメントや食材に含まれている亜鉛がそのまま吸収されていくわけではありません。

亜鉛の吸収を阻害する食べ合わせの悪いもの

亜鉛の吸収を阻害(邪魔)する食べ合わせの悪い食材は食物繊維、カフェイン、タンニンを多く含んでいる食材です。

  • 食物繊維は亜鉛を取り込みそのまま排泄してしまう作用があります。
    →食物繊維の多い食材は根菜類、キノコ類などです。
  • カフェインやタンニンは亜鉛の代謝を促すため、コーヒーや緑茶、烏龍茶などの飲み過ぎには注意してください。
  • シュウ酸も亜鉛と結びついて消化を妨げる作用があります。
    →シュウ酸を多く含む食材はチョコレート、ココア、紅茶、ナッツ類などです。
  • インスタント食品や玄米などのシリアルに多いフィチン酸やポリリン酸も亜鉛と結びつきやすく消化を妨げる成分です。

亜鉛の吸収を良くする食べ合わせの良いもの

亜鉛の吸収を助ける栄養素の代表格はビタミンCです。生牡蠣に添えてあるレモンは積極的に活用しましょう。

  • ビタミンCを多く含む食材はピーマン、パセリ、レモンなどです。
  • ビタミンAも亜鉛の吸収を助ける成分です。
    →ビタミンAを多く含んでいる食材は動物性タンパク質の多いレバー、チーズ、卵、バターなどです。

亜鉛は体内でタンパク質と結びついてさまざまな有効性を発揮するミネラル成分なので、動物性タンパク質とビタミン類はバランス良く摂取するようにします。

亜鉛と併用すると育毛効果UP

亜鉛と併用すると育毛効果がアップする成分を紹介します。

生姜やにんにく、玉ねぎなど血流を増加する作用がある食材は育毛にもプラスになります。

これらの薬味食材は亜鉛と結合しやすい食物繊維やシュウ酸を多く含みますが、バランス良く食べている分には逆に亜鉛の過剰摂取予防になります。

 

また大豆に多く含まれているイソフラボン、漢方薬の成分としても知られているサポニンを多く含む高麗人参、前立腺肥大の症状軽減や治療にも使われているノコギリヤシ、などを併用すると亜鉛が活性化しやすく、育毛効果がアップするといわれています。

まとめ

いかがでしたか?

本文中にもあるように亜鉛は不足しても摂り過ぎても健康被害を起こしやすいので取り扱いが難しいミネラルです。

しかし、食生活を見直して、不足しがちな時は亜鉛サプリメント(できるだけ亜鉛だけが配合されているサプリメントが望ましいと思います)を適切に活用することで、亜鉛が過不足なく補われ、活力のある毎日と脱毛の予防改善につながります。

日本人は亜鉛が不足しがちといわれていて、亜鉛欠乏症になると重大な健康被害を起こすので、意識して摂るぐらいのペースで丁度いいでしょう。

【厳選!】おすすめAGAクリニック

【おすすめクリニックのポイント!】

  1. 全国各地のAGA治療ができるクリニックから、ネット上で評判の良いクリニックを8つ選抜
  2. 広告されている最低価格の表示に惑わされず、『発毛の為の正しい治療』の費用を徹底比較!
  3. 基本的な投薬発毛治療とよりスピーディーに効果を求める発毛治療の2種類を比較!
  4. 初期費用・クリニックの方針・医師の対応・患者からの実際の声・評判を比較!
  5. 患者のプライベートを重視している、最新医療への研究などクリニックの特徴を調査

ヘアメディカルグループ

発毛治療のHAIR MEDICAL【ヘアメディカル】

AGA専門クリニックで、一番長い歴史と実績があるクリニックです。患者の目線にたった信頼できる医師が、症状・希望に合わせて600パターンの治療薬の中からオーダーメイドで処方します。

常に毛髪への研究を行なっており、最先端の医療方法を提供します。治療パターンと費用が明確でとてもわかりやすいのが特徴です。医療ローンはなく毎月のお支払いなので、スタッフの押しで高額の契約にサインをしてしまう心配は一切ありません

AGAヘアクリニック

明朗会計で安心・信頼サービス!AGA治療は、5,500円から行えます。髪の毛を増やすだけが治療ではない、患者の笑顔の為に医師・スタッフ一人ひとりが親身なって患者の心をサポートします。

近くにクリニックがない!通院できない!様々な理由で、AGA治療を諦めていた方へも「遠隔診療」による選択肢を提供しています。スマホで薄毛治療!忙しい社会人の味方になってくれるクリニックです。

湘南美容クリニック(薄毛・AGA)

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

AGA・薄毛治療を月1,800円〜始められます。全国にクリニックを展開している大手美容外科だからこそ、高度な技術をリーズナブルな価格で提供できます。

投薬治療から自毛植毛まで、専門医のアドバイスを受けながら自分に合ったものを選ぶ事ができるのが最大のメリットです。AGA治療では、継続して通院する事がとても大切になってきますので、継続できる環境と価格で選ぶ事が大切です。

-AGAコラム

Copyright© 薄毛・AGA治療の費用比較とおすすめクリニック【AGAのキモチ】 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.